• オンラインメンバー
  • 現在 0 名の方が訪問中です。
  • 記事検索

  • 更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

ジュニアコース

2020年09月10日
ジュニアコース間も無く開催。お子様の身近にいるあなたが(お母様、お父様、おばあちゃま、おじいちゃま)先生の代理人です。お子様がオリジナルのテキストに沿って練習をするところを見守っていただきます。そして1週間に1回お子様がピアノを弾いている動画を録画してラインで送ってください。それについてのアドバイスをこちらから送らせていただきます。ご希望の方には、1年に1回予定しております、横浜で行う発表会に出演者としてご招待いたします!

発表会

2020年09月10日
 先日、発表会が無事に終わりました。アクワ音楽教室と合同の発表会です。

 今回は新型コロナウィルス感染拡大予防のための注意事項が沢山ありました。

・体調が悪い、倦怠感がある、37.5度以上の熱がある場合はご来場をお控えください。
・花束や贈り物などを渡すことはお控えください。
・大声でのお話はお控えください。
・行動はご家族単位でしてください。他の方とは2メートルの距離をお取りください。
・会場内ではマスクの着用(演奏中も)をお願いします。
・会場に入る前は手洗い・除菌をしてください。
・ピアノ演奏前は手洗い除菌をして、ピアノを演奏するまでは何も触らないようにしてください。それが難しい場合はビニール手袋を着用してください。
・指定席以外は座らないようにしてください。
・30分おきに休憩が入ります。その際は全ての扉を開けさせて頂きます。

 コロナ渦でどのように行えば良いのか試行錯誤でしたが、事前のご家族への手紙・事前の生徒さん方へ口頭で注意・プログラムにもまず1ページ目にご参加下さった皆様へ感謝の気持ちと共に、注意事項も載せました。開始前のアナウンスでも読ませて頂きました。
 
 そのように皆様に周知して頂きまして、安心安全な発表会ができたと思います。そして何よりも生徒の皆様とご来場のご家族の皆様に多大なるご理解ご協力を頂きましたことを心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

オンラインレッスンで困ったこと。それは目が非常に疲れたことだ。
数日前の朝、原因不明な頭痛に見舞われ頭痛薬を飲んでやり過ごしたが、どうも目の疲労が原因だったらしい。疲れ目には温めるのが良い、と某コマーシャルでやっていたので、とりあえず濡らしたタオルをレンジでチンして程よく温まったタオルをつぶった目の上にそっと置いたらじんわりととても気持ちが良く数分もそうしていたら、目やその周りがスッキリとした。

そう、私はスマホでオンラインレッスンをやっていたのだ。スマホの画面では小さ過ぎる、
そう実感した私は、8インチの1万円もしないタブレットをAmazonで購入。ちょうど良い感じになった。目がそれほど疲れない。生徒の顔や手元が良く見える。

パソコンは置き場所に困る、かといってスマホでは画面が小さすぎる、という場合はタブレットもおすすめだ。


~<集団レッスンの場合①>~

オンラインで大人のピアノ講座を開催したい先生は具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。
Skypeやzoomをインストールしたが、さて、講座内容は?進め方は?
今回は集団レッスンの場合を想定してその内容や進め方をご紹介します。

1、集団の講座は超初心者か初心者コースから開設しよう
2、おすすめ教本はこれ
3、スモールステップで進める
4、復習と予習と予習は大切
5、1フレーズでも良いので最終回に一人ずつ発表


1、集団の講座は超初心者か初心者コースから開設しよう
なぜなら、スタートが皆さん同じだからです。(久しぶりに再開される方にも、始めのうちは復習ということで同じコースに入っていただけます。)
最終回にもし同じくらいの進度の生徒さんがいましたら、初心者(2)コースや中級コースを設けると良いでしょう。

2、おすすめ教本はこれ
私のおすすめ教本はズバリ「シニア・ピアノ教本1」(ドレミ出版)です。
この教本はピアノの鍵盤の配置や楽譜の読み方、指の使い方などを図や写真で分かりやすく説明しています。その後も片手練習から自然と両手練習へ導かれるように弾けるようになっていく、画期的な教本です。

3、スモールステップで進める
集団で進めていくうちに、やはり生徒さんの個人差が表れてしまうのは当然です。そのようなときの選曲はなるべく進度が遅い生徒さんに合わせます。そして、進度が早い生徒さんには同じ曲でも少し変化をつけて弾いてみるアドバイスを与えてみましょう。例えば強弱をつけてみるとか、装飾音符を加えてみるとか、飽きずに弾いていけるようにする気配りも大切です。そのためにはスモールステップで進めるのが望ましいでしょう。

4、復習と予習は大切
2回目以降の導入として復習を取り入れましょう。しかし、しつこくし過ぎると嫌がられますので生徒さんの様子は良く見ていましょう。
そして次回の講座へスムーズにつなげていかれるように、最後の方の時間に予習もします。次回までの宿題を具体的に提示するのも良いですが多すぎないように注意します。やはりスモールステップを心がけましょう。

5、1フレーズでも良いので最終回に一人ずつ発表
最後の回まで来ると、生徒さんたちの間では上達の差が出てきてしまうでしょう。
それでも「最後まで参加できた!」「〇〇曲が弾けるようになった!」「指が少しでも動くようになった!」なんでも良いので達成感を味わっていただくことが大事です。
そのためにはたとえ1曲を完璧に弾けなくても1フレーズだけだとしても、一人ずつ披露していただきましょう。
誰かと比べるのではなく、始める前の自分と比べていただき、達成感を味わっていただきましょう。
その時に、先生は必ず良いところを褒めて差し上げましょう。

それでは一人でも多くの「ピアノ好き」な生徒さんが増えることを願っております。

宝塚!!

2020年05月13日
 偶然だった。期間限定で宝塚の映像がYouTubeで流れていた。

 私はあまり「宝塚」との接点がなく育った。どちらか言うと有楽町の駅に着いたらJの帝国劇場へ直行して行く方だった。

 しかしその映像を観た途端、釘付けになった。

 まず、ずっとラベルのボレロが流されており(何年か前に著作権が切れた、という事がわかった)、そのリズムに乗って心地よさそうに踊り伸びやかな声で歌っている男役のタカラジェンヌ。広げる手が腕が堂々としていて凛々しい。
そのうちに、女役のタカラジェンヌも登場、また別の男役のタカラジェンヌか左から登場。「私はどちらかというと、こちらの方のお声が好き」なんて思いながら観ていると、次から次へと繰り広げられていく歌と踊り。なんて素敵な世界なんだ。

 在宅時間が長い昨今、こんな映像を流していただき、良い刺激をありがとう!!宝塚!!

次のページ